FC2ブログ

ばななづくし。

久々に本屋さんに行ったら、文庫が出てました。

デッドエンドの思い出

「デッドエンドの思い出」
短編集。内容はちょっと重めです。でも最後には救いがあるので、読んでいて
しんどいことは無いですね〜。

海のふた

「海のふた」
こちらは長編。海、女の子、ひと夏の物語といえば「TSUGUMI」を思い出しますが、
それの成長版という感じでしょうか。物語度が低く、やや説明臭いところも・・。

一人の作家の作品を読み続けていると、「書き続けること」の難しさを感じます。
安定しておもしろいものを書くこと、それを期待されるということ。
それは凄い作品を一本書くよりも、ずっと大変なことなのでしょうね。


TWITTER mixiチェック 楽天プロフィール シェア
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

「書き続けること」の難しさ

作家さんは大変なお仕事だと思います

ネタがなくっても編集者からせっつかれてムリムリ書いたりとか



あたしは自分のブログさえサボりがちですので(笑)

書き続ける作家さんを尊敬します♪



ただし!

その結果できた作品がつまんなかったら容赦しませんが…(悪)

Re:「書き続けること」の難しさ(07/23)

>Schroedinger’s キャットボックスさん



うんうん、大変ですよね〜!

毎日ブログのネタ探しですら大変なのに・・・。

でもやっぱり読者なんで、作品の出来にはうるさくなっちゃいますよね〜(笑)

作家の気もしらないで(^^;

ばななさん…

ここ何年か買ってないのですけど、この方好きで

ずっと買ってましたですよ、昔は。

文庫じゃなく高い方を、出ると同時に買うくらいのファン。……でした。初期の頃は。(笑)

なんだろう、だんだん好きじゃなくなってきた感じで。

独特の透明感みたいなモノが、じょじょに感じられなくなってしまったのですよね…。



うん、ずっと一定レベル以上のものをコンスタントに書き続けるのは大変…というか

難しいお仕事ですよね…。

しかもこの方、テーマに「死」が深く絡みますしね。余計難しいかも…。



今にして思うと、この方の作品で一番好きなのって

『キッチン』に収録されている

大学の卒業制作の『ムーンライト・シャドウ』なんですよ。

初期、というより最初の最初の一番最初の作品ですね〜。(笑)

Re:ばななさん…(07/23)

>紗悠さん



あ、私もですよ!昔は即買いでした!

でも「ハチ公・・」あたりからだんだん離れていってしまった気がします。

そうそう、透明感が薄れて、言葉での説明が多くなってしまったんですよね〜。

伝えたいことはきっと変わらないのでしょうが、説教くさくなってしまっているような・・。

今回の2作品も、安定はしているのですが感激は無かったです。



「ムーンライト・シャドウ」良かったですよね〜。

悲しいんだけど、晴れ晴れとした悲しさで・・。

キッチンとかTSUGUMIとか、初期の作品は今でも時々読み返しています(^^)

美しい言葉と切ないお話・・すごい才能でしたよね〜。
プロフィール

みるくに78

Author:みるくに78
楽天から引っ越してきた、ゲーム好き主婦です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR